2015年3月13日金曜日

第55回全日本学生グライダー選手権大会

こんばんは。
青山学院大学航空部広報1年の川野です。

今回は3月1日〜8日にかけて、妻沼滑空場にて行われました全国大会の結果と模様をお知らせします。
今大会には青山からは2チーム、5名の選手が出場しました。

大会の結果です。


団体
1位 慶応discus         4710点
2位 早稲田LS          3646点
3位 日大A       3606点
4位 早稲田23     3590点
5位 東大24               3511点
6位 青山discus         3418点
7位 名古屋23        2712点
8位 名工23            2566点
9位 青山23            2346点
10位 名古屋discus   2333点
11位 東大Jr.           2260点
12位 日大B            1739点
13位 京大discus    1637点
14位 法政23          1464点
15位 明治D1         1256点
16位 慶応YS         1054点
17位 関関23           892点


個人
1位 慶応 栗野選手 2121点
2位 青山 長田 1882点
3位 早稲田 安達選手 1842点
4位 日大 大塚選手 1803点
5位 東大 森本選手 1795点
6位 名工 浅井選手 1774点
      :
10位 青山 麻生 1536点
17位 青山 三好 1074点
29位 青山 内海 817点
38位 青山 志水 455点
      



団体では青山discusチームが6位入賞、青山23チームが9位と、悔しい結果に終わってしまいました。しかし内容としては、大会を通じて常に優勝争いに絡むことができ、上位校に対しても善戦する事ができました。
個人では4年長田が惜しくも2位でしたが、その実力を存分に発揮しました。
また出場した全選手が周回、得点する事ができました。

優勝という目標を達成する事は出来ませんでしたが、これから先も青山が強豪校の一つとして戦ってゆける事を示せたと思います。


最後に写真をいくつかご紹介します。


着陸に向かう青山discus
パイロットは4年長田



同じく着陸前の青山discus
パイロットは4年麻生


曳航中の青山23
パイロットは3年三好


競技開始前には選手・クルー全員で円陣を組み、
気合いを入れて臨みました。



発航前に上空の様子について話し合う青山23チーム
左から3年志水、内海、三好


発航前の3年志水
周回が出来るようにと購入した鳥の帽子を被って臨み、見事周回しました!


3年三好(左)と内海(右)
選手達は緊張感もありながら、リラックスして競技に臨めていました。



周回した青山discusを土手上で祝福する選手とクルー達
写真左上部に小さく機体が写っています。


およそ25分という早さで周回した4年長田(左)と1年阿部(右)



閉会式より
個人2位の表彰を受ける4年長田



出場選手5名(左奥から4年麻生、長田、3年内海、三好、志水)と、
深田コーチ(左手前)、長嶺監督(右手前)


最後は土手上ジャンプ!
妻沼ももうすぐ春です



全国大会が終わり、今年度の活動も3月合宿を残すのみとなりました。
3月合宿は18日(水)〜23日(月)にかけて行われます。
初ソロや指定養成、技能審査など多くのタスクがあり、また4年生にとっては最後の合宿となります。
次合宿も安全を第一に、今年度の締めくくりができるよう取り組んで参ります。

























0 件のコメント:

コメントを投稿