2013年3月6日水曜日

第53回全日本学生グライダー競技選手権大会 競技3日目

おはようございます、青山航空部です!
 
昨日3日目もとても条件が良く、得点する選手が多数でした。
今年の全国大会は本当に気象に恵まれありがたいです。
 
3日目の個人得点上位は次の通りです。
 
1位 1000点 須藤選手(東海6)
2位 831点 堀選手(名大Discus) 
3位 812点 伊藤選手(慶應YS)
4位 774点 飯田選手(慶應Discus)
5位 714点 上田選手(龍谷・立命23)

15位 168点 株田淳平(青山Discus)

株田は給水塔、千代田とフライトし1周を果たしたのですが、写真判定により千代田のクリアが認められず給水塔のみのポイントとなってしまいました。
 
本日までの総合成績は次の通りです。

個人
1位 2771点 堀選手(名大Discus)  
2位 2742点 伊藤選手(慶應YS)  
3位 2436点 須藤選手(東海6)  
4位 2349点 剣田選手(東大24)  
5位 2304点 飯田選手(慶應Discus)
6位 2182点 和田選手(中央23)
7位 2132点 小川選手(慶應YS)
8位 1955点 株田淳平(青山Discus)
9位 1810点 風間選手(早稲田LS)
10位 1507点 上田選手(龍谷・立命23)

団体
1位 5613点 慶應YS
2位 3415点 早稲田LS  
3位 3122点 慶應Discus  
4位 2902点 日大A 
5位 2771点 名大Discus
6位 2738点 東海6
7位 2337点 九大21
8位 1955点 青山Discus
9位 1871点 東大Jr.
10位 1740点 龍谷・立命23

現在、青山は個人、団体ともに8位となっております。




昨日は各機滞空のため、地上の機体数が少なかったです。
今大会、本当に激戦です。



出発前の株田。



離陸!
競技ではやはり、いかに離脱高度を高くとれるかということも大切になって参りますので、
安全な姿勢を保ちながらも出来るだけ上昇する、パイロットにとっては準備良しがかかった瞬間から自分との戦いです。



選手が頑張っている間、クルーはこのような感じで機材車のそばに陣地を作り、応援しています。
そばには無線機を置き、自校や他チームのフライト状況の把握に大忙しです。
得点の無線が入ると、そのチームのクルーが「やった!」と拍手して喜ぶ、そんなシーンを日に何
度も見ることができます。



株田のランディングです。



機体が降りてきたら、降りてきた順番で再度ラインナップ。次のフライトに臨みます。
大会中は機体数も19機と多く、大体条件がなくなってしまったタイミングでみんなが帰投するため、
何機もの同時着陸になることもあり、大忙しです。

本日掲載のお写真は亀尾様から頂きました。いつも素敵なお写真を有難うございます!

本日の発航順です!

1.東大Jr.
2.名大Discus
3.東大24
4.京大Discus
5.東海6
6.早稲田LS
7.龍谷23
8.日大8K
9.法政Discus
10.中央23
11.関学アスティア
12.日大23
13.同志社18
14.名大23
15.慶応YS
16.慶応Discus
17.阪大23
18.青山Discus
19.九大21

青山Discusは18番となっております。

昨日は写真判定でのアウトというとても悔しい経験をしてしまいましたが、
本日は今一度基本にかえり、落ち着いて確実なフライトをしたいと思います。優勝目指して巻き返せますよう、頑張ります。
本日もご声援、宜しくお願い致します!

0 件のコメント:

コメントを投稿